スタッフブログ

ランディングページの必勝パターン

こんにちは。目からビームが出る鷲尾です。
私は出しているつもりも出ているつもりもありませんが、話をする度に社長から「出てる」と言われるので、出ているのでしょう。

このGWは、目から出てくるビームの謎を解く旅に出ようと思います。

さて。
今回は、ランディングページの基本の型についてご説明します。
ランディングページの制作にあたって、その構成には基本的な2つのパターンがあります。

売りたい商品やサービスの内容に合わせて2パターンの構成を上手に利用し、訪問者の購買意欲をそそり購入まで促すランディングページを制作しましょう。

PASoNA型ランディングページ

PASoNAの法則は、日本一のマーケターと言われている神田昌典氏によって1999年に考案された、商品やサービスを販売するためのセールスレターの文章モデルです。

PASoNAの意味は?

P:Problem 問題提起

まず出だしは、訪問者が潜在的に悩んでいることや困っていること、苦労していることなどを投げかけます。
・○○でお悩みではありませんか?
・○○でお困りではありませんか?
・○○で苦労されていませんか?
…etc

A:Agitation 問題を煽り立てる

提起した問題を視覚的なイメージを用いて、ユーザーの問題解決欲求を徹底的に煽って商品への関心を強く抱かせます。
このときストーリーや五感で感じられる表現を使い、共感を持たせることが重要です。

So:Solution 解決策の提示と証拠

ここで、問題を下記決するための商品やサービスを提案します。
どのように問題を解決出来るのか、どう役立つのかをハッキリと提示する必要があります。
また、商品やサービスを詳しく説明し、価格などもここで記載します。

最も重要なのは、証拠や根拠を示すことです。
「お客様の声」や「専門家からの推薦」が効果的でしょう。
これらはただ単に掲載するのではなく、内容も重要です。
お客様の声であれば、匿名よりイニシャル、イニシャルより実名、実名より実名と顔写真、とユーザーからの信頼度が上がっていきます。
専門家からの推薦であれば、だれもが知っている専門家や権威のある人の実名と顔写真を掲載していると高い信頼を得ることが可能です。

また、実証データや実験データを掲載することも出来ます。
例えばダイエットに有効な商品であれば、「Before→After」のデータと画像を掲載すると信頼を得やすいかもしれません。

商品やサービスをより良く見せたいと思いますが、あくまで事実のみを掲載しなければなりません。

N:Narrow Down 限定性、緊急性

商品やサービスを紹介した後は、ユーザーにすぐに購入しなければという意識を抱かせます。
多くの人は「限定」や「今だけ」という言葉に弱いため、「○個限定」「○名様のみ」「○日まで」といった文言を用いるとよいかもしれません。

このときもSolutionと同様、事実のみを記載する必要があります。

A:Action 行動

最後に、ユーザーに起こしてもらいたいアクションを提案します。
「今すぐ、お申込みください」「今すぐ、お求めください」といった目立つバナーを用いてユーザーがクリックしたくなるよう誘導出来ます。

ここで再度、今すぐ行動しなければならない理由を提示します。

ワイヤーフレームの例

AIDA型ランディングページ

AIDAの法則は、特定の個人や企業のニーズに合わせて展開・販売するダイレクトマーケティングの世界では鉄板の法則、また消費者行動の基本的な法則とされています。
1920年代に応用心理学者E.K.ストロング氏によって提唱された法則です。

AIDAの意味は?

A:Attention 注意を惹く

一目で興味を持つようなインパクトのあるキャッチコピーでユーザーの注意を惹きます。
キャッチコピーのみで読み手の心を掴まなければならないため、読ませたいユーザーのニーズを的確に突くコピーにする必要があります。

I:Interest 興味を引く

商品やサービスについて具体的に詳しく説明します。
さらに、消費者の心理に働きかけるために、「こんな悩みはありませんか?」「こんな方にオススメです」など、問題提起して特定のユーザーへ向けたアプローチをすることが出来ます。

ここで重要なのは、商品やサービスを利用して欲しいユーザーを絞って具体性を高めることです。

D:Desire 欲望や願望を駆り立てる

商品やサービスを手に入れることによって得られるメリットを挙げて、購買意欲を駆り立てることが出来ます。
「なぜ」「どのように」問題が解決するのか、どんな効果や益を得られるのかなど、数値やデータを用いて分かりやすく説明します。

A:Action 行動

実際に行動するよう、今買わなければならない理由や必要性を提示し、緊急性や限定性を煽ることで、ユーザーの背中を押します。
特典や送料、割引などを記載することによって、ユーザーが行動に移りやすくなります。

ワイヤーフレームの例

ランディングページを実際に制作する

ランディングページを制作する際に、まず商品やサービスについて次の点を考えます。

  • 特徴
  • どんな人を対象とするか
  • 対象の欲求や問題
  • 具体的なベネフィット
  • 対象が共感出来る要素
  • 問題解決やメリットとなる証拠や根拠
  • 提供できる特典など

これらの項目をもとに、この記事でご紹介した法則を使ってページの構成を作っていきます。

ランディングページのパターンを上手に使い分ける

PASoNA型とAIDA型の2つのパターンをご紹介しましたが、売りたい商品やサービス、対象とするユーザーに合わせて使い分ける必要があります。

PASoNA型は最初に問題提起をし、その問題に焦点を当てた細かい段階を経てユーザーの行動を促します。
商品やサービスについての認知は低いが、特定の問題に深い悩みを抱え解決したいという欲求が強い場合に有効かもしれません。

AIDA型はユーザーに素早く興味・関心・欲求を高めさせ、行動に移させます。
商品やサービスについてある程度の認知があり、既に少し興味を持っている場合に有効かもしれません。

これらの必勝パターンをうまく用いてランディングページを制作することにより、より確実に高いコンバージョンを得ることが可能になります。

今回ご紹介したワイヤーフレームの例を参考に、是非皆さんも売れるランディングページを目指してください!

関連記事

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでのお問合せ
ページ上部へ戻る