スタッフブログ

禁断のYahoo!ショッピングの検索順位UPの法則を大公開!? やはり、決め手は〇〇だった。

ヤフーショッピング SEO対策

検索順位付けのルールは大原則として「見込み客ファースト」

ヤフーショッピング 在庫あり

Yahoo!ショッピング内の検索では全ての検索方法において「在庫あり」というのが自動的に条件に追加されますので、在庫切れの商品は検索対象から外れているというお店側には嬉しくないけど、検索ユーザーからすると非常に使いやすい仕組みになっています。

検索して、辿り着いてもその商品の在庫がないと購入出来ないですからね。見込み客に無駄な時間を過ごさせない「見込み客ファースト」の視点でのシステム設計になっています。

すなわち!まずは商品登録はしているけど、在庫が無い状態なのであれば、検索には非常に不利ですのですぐに「在庫あり」に設定出来るようにバックヤードを含めての対応を検討すべきなのです。

「見込み客ファースト」という視点でシステム設計を行ったところ、現時点では見込み客へのYahoo!ショッピング内の検索のサポート機能として下記の絞り込み機能を提供しています。

・送料無料
・おすすめ順
・売れている順
・安い順
・高い順
・レビュー件数の多い順

この6つの基準。
「安い順」「高い順」「レビュー件数の多い順」に関しては、表示法則は想像できると思いますので、「送料無料」「おすすめ順」「売れている順」について説明いたします。

売れている順とは

「販売個数」を基準に、順位付けを行っています。
販売金額ではないので、販売単価が安い商品の場合は作戦次第ではこの検索結果ページに表示する事を狙う事が出来ます。
ただ、あくまでも「見込み客ファースト」という視点でYahoo!ショッピング内検索は運営されていますので、あまり度が過ぎると必ず規制が入りますのでご注意を!

この検索ももちろん在庫があるものが優先して上位表示されます。
せっかく売れていても在庫が無ければ表示されないという悲劇が起きますので「在庫切れ」は要注意ですね。

もし、販売個数が同じ場合は、ページビュー(アクセス数)の多い方が上位表示されます。

この売れている順はどのタイミングで売れている集計順なのかは不明ですが、デイリーランキングが表示されているページには、順位が入り乱れているので、リアルタイムに近い何らかの期間のタイミングでの販売結果だと予想しています。間違っていたらご指摘ください。

ヤフーショッピング 在庫あり

ランキング順位は入れ乱れてますよね・・・

ちょっとした小話

2017年7月に「売れている順」の最も上の場所に検索結果とほぼ同じデザインの広告を載せていたことに対し、消費者庁が「広告の表記としては不十分」、 広告なのに「最も売れている商品」と誤認しかねないとして、景品表示法に触れるおそれがあるとYahoo!ショッピングに指導。

Yahoo!ショッピングはこの広告を「売れている順」に掲載するのを中止されたそうです。

おすすめ順とは

ヤフーショッピング おすすめ順

Yahoo!ショッピング内におけるトップシークレットのひとつですから、素人の私ごときが入手出来る情報ではないので、ここはYahoo!ショッピング ストアマネージャー内にある売上UPノウハウやインターネット上の情報を整理してのご案内とさせて頂きます。

おすすめ順での並び替えが登場した時のYahoo!側の売り文句は「売れている順を進化させお客様の意図に沿った商品を表示します。」ということです。
そこから考えられる事としては、売上やページビューが重要な要素であることは間違いありません。

もちろん、実は!YAHOO!ショッピングの売上UPノウハウ集には掲載されている!自分で出来るYAHOO!ショッピング内SEO対策方法 で案内させて頂いています 商品データの登録の状態によるキーワードなどの要素によっても決まっていると思われます。

広告という厚い壁

Yahooショッピング!には、店舗運営者向けの露出広告として、

◆ストアのイチオシ!広告
◆アイテムマッチ広告
◆PRオプション

などが用意されています。

おすすめ順はこの広告を利用している店舗を優先に表示されてます。
悲しいかな・・・どれだけ商品情報にSEO対策をしてもYahooショッピング!内の広告には勝てないのが現実であります。

Yahooショッピング!内の広告を使えばページ上部に表示されるチャンスがあるのであれば、 新規の店舗様にも平等にチャンスがあるように思えますが、実はPRオプションは新規の店舗様は利用が出来ないので、広告の利用にも壁があります。

なんという・・・・悲劇・・・。
世の中の理不尽の縮小版のような世界です。

つまり!おすすめ順で上位に表示されるにはかなり険しい道なのであります。

ここまでの内容を整理してみる

その広告での表示を除けばやはり、Yahooショッピング上で売れている商品順に並ぶようです。 おそらく、その優先順位的には・・・・

1.販売個数が多い
2.キーワードの適合率が高い
3.ページビューが多い
4.在庫数が多い
5.クリック数が多い
6.レビューが多い

この順番でYahoo!ショッピング独自のアルゴリズムで算出された数値で、Yahooショッピングの「おすすめ順」の表示になっているのだと予測しています。

送料無料

おすすめ順で表示されている一覧から「在庫なし」「送料別」「条件付き送料無料」を除いた商品が表示されます。 現在のネットショッピングでは「送料無料」は必須条件になりつつありますので、消費者目線で考えればとても大事な選択方法になっているものと思います。

まとめ

Yahoo!ショップ内の検索は、「おすすめ順」です。ここで上位表示されることがYahoo!ショッピングでの店舗運営においては最優先です。

しかし、広告を出している店舗が優先されるので、その広告効果が薄れるあたりの順位を確保するために、 キーワードの適合順位は可能な限り対応しておくことが大事です。

ショッピング内の検索順位は、変更すれば、早ければ1時間、多くの場合その日中に変更されますので、時間があるときには随時、 商品の登録内容を確認して可能な限り改善して行きましょう。

Yahoo!ショッピング内 SEO対策についてのお問合せ

会社名(必須)

ご担当者名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

ご希望の連絡方法(必須)

 電話 メール どちらでも可

お客様のヤフー店舗のURLご記入ください。(必須)

ご希望のキーワードご記入ください。(必須)

※このフォームからご連絡頂く個人情報(以下「個人情報」といいます)は、お問い合わせ内容についての弊社からのご連絡に限って利用させていただきます。弊社の個人情報の取り扱いの詳細につきましてはこちらをご覧ください。

お問合せいただきありがとうございます!お問合せ内容は正常に送信されました。

関連記事

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでのお問合せ
ページ上部へ戻る